Specialty coffee beans

シングルオリジン
ただ美味しいコーヒー豆のことをスペシャリティコーヒーと呼ぶ訳ではありません。飲むそのひとときが特別なものになるのはもちろんですが、それが理由でスペシャリティという訳ではありません。私たちがスペシャリティコーヒー豆にこだわるのには理由があります。

Specialty Grade

スペシャルティグレードとは、SCA(Specialty Coffee Association)で認められたトップグレードです。カッピング審査で80点以上を獲得するなど質感・風味・特性・バランスに至る全てにおいてトップクォリティな豆です。ゆけむり珈琲店はスペシャルティグレードのみ取り扱っています。 

Premium Grade

高品質でスペシャルティコーヒーに匹敵する程のグレードです。カッピング審査は80点未満ではありますが、その希少性・豆のサイズ・ブランド名はまさにプレミアムなのです。

Comodities Grade

世間一般的に販売されている豆です。コマーシャルコーヒーとも言いますがスペシャルティやプレミアムと違い、農園・生産者は不明であるということです。

Low Grade

豆単体の価値は低く、主にレギュラーコーヒー・インスタントコーヒーが取り上げられます。

シングルオリジン

Specialty coffee beans

豆を農場単位で考える

ワインで言えばブルゴーニュ・ボルドーというようにコーヒー豆も産地で分けることができます。更にシングルオリジンとは都市だけではなく、農場や生産者、品種、精製方法などの細かな単位で一銘柄として見る事を言います。

同じ国、同じ地域であっても生産家や農場が違えば当然ながら品質は異なってきます。生産者までたどり着く事が出来るシングルオリジン-スペシャリティーコーヒーはまさにスペシャルなのです。

カップに注がれたコーヒーを辿ればバリスタ、ロースター、そして海を渡り、処理場から農場、更に生産家まで限りなく近づくことができるのです。

コーヒー豆が出来るまで

豆の精製方法

①  非水洗処理方法 (ナチュラル)

「実がついたまま乾燥させる」
穏やかな酸味と、個性的な香りと甘味を感じる個性的な製法

 

②  水洗処理方法 (ウォッシュド)

「実を水で洗い流してから乾燥させる」
ナチュラルとの違いは収穫➡︎果肉除去➡︎発酵➡︎乾燥➡︎脱穀と、発酵させる事でよりすっきりとした酸味がありクリーンなコーヒーになります。

 

③ パルプドナチュラル (ハニー)

「粘液質のまま乾燥させる」
水洗式の特徴でもあるクリアな酸味が柔らかくなり、甘味も感じられるコーヒー

 

④ スマトラ式

「生豆の状態で乾燥」
マンデリンに代表されるインドネシア独自の方法です。酸味は穏やかで、独特の香りと余韻、そして濃厚なコクが特徴的なコーヒー

ストアinfo

営業時間
10:00am – 18:00pm

定休日
火曜日

所在地
〒910-4103 福井県福井県あわら市 二面34-38-1-102

Contact us

お気軽にお問い合わせくださいませ。ギフトは1個〜大量発注まで承っております。

4 + 8 =

(営業目的のご連絡は他のお客様へのご返信が遅くなりご迷惑となりますのでお控えくださいませ)