コーヒー豆が出来るまで

パッケージなどでよく見かけるウォッシュドやナチュラルといった表記はその豆の精製方法を表しています。コーヒーノキと呼ばれる大きな木に実るコーヒーチェリーから種子 ( 生豆 ) を取り出す作業を精製といいます。精製方法には大きく分けて4種類あり、それぞれに特徴があります。

① 非水洗処理方法 ( ナチュラル )

「実がついたまま乾燥させる」

穏やかな酸味と、個性的な香りと甘味を感じる個性的な製法です。

② 水洗処理方法 ( ウォッシュド )

「実を水で洗い流してから乾燥させる」

ナチュラルとの違いは収穫➡︎果肉除去➡︎発酵➡︎乾燥➡︎脱穀と、発酵させる事でよりすっきりとした酸味がありクリーンなコーヒーになります。

③ パルプドナチュラル ( ハニー )

「粘液質のまま乾燥させる」
水洗式の特徴でもあるクリアな酸味が柔らかくなり、甘味も感じられるコーヒーです。

④ スマトラ式

「生豆の状態で乾燥」
マンデリンに代表されるインドネシア独自の方法です。酸味は穏やかで、独特の香りと余韻、そして濃厚なコクが特徴的なコーヒーです。

豆の特徴を生かした焙煎

コーヒーはただ「苦い」というイメージを根底から覆すスペシャルティコーヒー、世界の流通の僅か数パーセントの豆。豆が高品質なのは当然ですが魅力を最大限に発揮する製法にも注目です。大切に育てられ、丁寧に精製された豆を徹底管理のもと熟練のロースターが魂を込めて焙煎しています。