RUTHAGATI AB|KENYA

 

洋酒とほろ酔い花魁

 

ケニア有数のトップスペシャルティコーヒーを取り扱う輸出業者であるDORMANS社からセレクトした2018CROPが入荷いたしました!ニエリ地区はケニアの中央部(首都ナイロビより北へ120km)に位置し、国内最高峰であるケニア山を望む絶景な場所として知られ、スペシャルティコーヒー生産エリアの中でもとくに品質が高いエリアで有名です。
SL28(ブルボン系)SL34(ティピカ系)などの品種がケニアの土壌と栽培環境に適し、力強い風味特性を生み出しています。
あまりのフルーティーさ、そしてケニアらしいフレーバーがまるで洋酒を飲んでいるかのようなほろ酔い気分を与えてくれます。(※ノンアルコールです)

GUATEMALA / La Tacita

 

天空のファージャ家の末裔

 

実在するAntigua農園の中でも名門中の名門、San Sebastian農園主(ファージャ家)の末裔によって栽培管理される農園です。
年間降雨量の少ない周りを山に囲まれた盆地であることから、日中温度差が極めて高いことで知られている。特に標高1,800m以上では朝晩の温度が急低下することからコーヒー栽培は困難とされているが、同農園はアカテナンゴ火山の麓に位置し、肥沃で柔らかい火山灰土壌と、噴火中のフエーゴ火山の地熱の影響により、標高2,100mまでコーヒー栽培を可能とする稀にみる農園である。まさに天空の農園である。
ダーク系・深入り系がお好きな方に特におすすめです。

ETHIOPIA / Blue Nile MOPLACO

 

いつも張っている弓は緩む

 

弓に弦を張りっぱなしにしていると、いつの間にかゆるんできて肝心な時に使い物にならない。時にはリラックスも大切というアフリカのことわざです。コーヒーの発祥地「エチオピア」から新しいエリアである、“グジ”コーヒーが誕生しました。元々シダモエリアの一部として取引されてきましたが、近年その質の高さに人気がつき、グジコーヒーとして単独で取扱いされるようになりました。その新しいコーヒーを品質に強いこだわる現地業者指定で厳選された原料のみを買い付け、最上級グレード1までクウォリティを高めてもらいトップクオリティのエチオピアウォッシュトコーヒーを“ブルーナイルと名付けています。甘みの強い青リンゴのようなフレーバーにピーチのようなアフターフレーバーで癒されてください。